体の異変を改善して、快適な日常生活を送って行きましょう

病気を早めに見つける

最近注目されている肺ドックとは何か

人間ドックとは、体を精密検査して病気の早期発見に繋げられる検査です。近年では、肺に特化した肺ドックと呼ばれる人間ドックが注目されています。 そもそも肺がんは、早期段階では自覚症状がほとんどないです。気がついたら、病気の症状が進行していることが多いです。肺ドックでは、肺を徹底的に調べてガンや肺炎などの病気を早期発見できます。 肺ドックの検査方法は、喀痰細胞診と胸部単純X線、近年では胸部CTが活用されるようになっています。これらの検査を受けることで、肺の小さながんや、他の臓器に重なっている異常も発見できます。喫煙をされる方は、肺がんになりやすいといわれています。なので、喫煙された経験がある人は定期的に検診を受診したほうがいいです。

検査を受ける時に注意すべきこと

肺に特化した人間ドックを受ける際は、いくつかの注意点があります。それは、妊婦や妊娠している可能性がある方は胸部単純X線撮影を避けたほうがいいことです。 この胸部単純X線というのは、肺や左右の肺の間にある縦隔をX線照射する検査です。この検査では、肺炎、肺結核、ガン、胸膜の病変を見つけることが可能です。なぜ妊婦は受けないほうが良いかというと、被爆する恐れがあるからです。もちろん被ばく量はきわめて少ないので、普通の方なら健康を害する恐れはないです。しかし、妊娠中、妊娠の可能性がある人は、体内の子どもに影響を与えてしまう恐れがあります。ですから、人間ドックを受ける前に、あらかじめ担当医に相談したほうがいいです。

↑ PAGE TOP